石垣島で南十字星が見られる!観測できるシーズンはいつ頃?

石垣島

石垣島で南十字星が見られるのをご存知ですか?

南十字星は、南方にあるため本州では見たいけど見られない星座。

見られないから見てみたい!

オリオン座が冬に観測できるように、南十字星も観測できるシーズンがあります。

石垣島で南十字星が見られるシーズンがいつなのか説明しますね。

スポンサーリンク

石垣島で南十字星が見られる!

石垣島で南十字星が見られるシーズンは、12月末~6月中旬頃までの半年間。

石垣島をはじめとする八重山諸島では、南の空の水平線ギリギリに見ることができます。


月あかりがなく、水平線近くに雲がない日がベスト!

時間帯は午後8時過ぎあたりからが観測に適しています。


観測できるのが12月末~6月中旬……

ちょっと天気が気になってきませんか?

スポンサーリンク

12月~6月の石垣島の天気は?見られるのはいつ?

南十字星を見るなら海開きされる3月以降がよさそうです。

南十字星を見られるシーズンは12月末~6月中旬。

12月の石垣島の平均気温は20度ほどになります。やはり暖かいですね!

平均気温20度なので暖かいのですが、朝晩は冷えることがあるので調節できる上着が必須。


石垣島の冬のシーズンはどんより曇りの日が多く、カラッと晴れる青空の日は少ないです。

2020年12月もほとんどの日が雨や曇りの天気でした。

曇りがちで雨が多い12月~2月は避けるのがよさそうです。


3月に入ると石垣島はもう海開き!

南十字星を見に行くなら冬から一気に夏モードになる3月以降がよさそうですね。

海のアクティビティも楽しめそうです。

梅雨入りはいつ?

石垣島の梅雨入りは5月のGWを過ぎたあたりから6月の一ヶ月半ほど。

石垣島の梅雨は本土の梅雨と違ってスコールのような雨がいきなり降ってカラッと晴れたりします。


亜熱帯性気候ならではですね。

晴れた日は真夏の暑さになることもあります。

梅雨時期は見られない?

梅雨時期真っただ中でも南十字星を見ることができます!

私が石垣島で南十字星を見たのは、梅雨真っただ中の6月上旬。

天気も雨予報が出ていました。

しかし滞在中やや雲が多い日もありましたが、雨は一切降らず!真夏の日差しでした。

どうやら、石垣島の天気は移ろいやすく当てにならないこともあるようです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 観測シーズンは12月末~6月中旬。
  • 冬の期間は曇りや雨が多め
  • 3月の海開き以降がおススメ
  • 梅雨時期でも見ることができる

星空ガイドツアーに参加しよう!

日中はカラッと晴れていても夕方以降、薄雲が出ることも。

雲に見え隠れしている南十字星を逃さずに見たいですよね。

星空ガイドツアーに参加するとガイドさんが場所を教えてくれますよ。

様々な星座の場所を教えてくれるだけでなく、星座の物語を教えてくれたり、太陽系の天体を望遠鏡で見せてくれるガイドさんもいます。

タイミングが合えば、人工衛星や流れ星が見えることもありますよ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました