クロネコマークの変更っていつから?

未分類

ヤマト運輸のクロネコマークが64年ぶりに変わります。

64年間もずっと変わっていなかったんですね。


クロネコマークができたのは1957年6月。

クロネコの親子の原案は、当時ヤマト運輸で広報を担当していた「清水 武さんの6歳のお嬢さんがクレヨンで書いた親子ネコ」がヒントとなって生まれました。

64年ぶりに変わるクロネコマークの変更っていつからなんでしょう。

親しまれてきたクロネコマークの変更がいつからなのか、どんなふうに変わるのでしょうか。

気になりますね!

スポンサーリンク

クロネコマークの変更っていつから?

2021年4月1日から新デザインが使用されます。

どこが変わったか分かりますか?

  • 親子ネコを囲む黄色の楕円についていた黒い線がなくなった。
  • 親子ネコを囲む黄色の楕円が丸みを帯びて大きくなった。
  • 親ネコ、子ネコの顔が丸く
  • 親ネコの耳の形が、やや立ち耳に。
  • 親ネコのしっぽが少し短く
  • 親ネコの足(以前は4本描かれ、歩いている感じ)
  • 子ネコの足(以前はは4本描かれている)

全体的に丸みを帯びて、よりシンプルになった感じですね。

トラックや段ボール、おなじみの宅配用のクロネコ袋も新しいクロネコマークへ変わります。


新しいクロネコマークのトラックを見つけたくなりますね。


>>佐川急便の飛脚マークが変わったのはいつから?を見る

スポンサーリンク

もう一つのマーク

今回のクロネコマークの変更から、新しく「アドバンスマーク」もできました。

アドバンスマークとは、何でしょう。。。。

HPを確認すると

このマークは、変化する社会やサプライチェーンへの課題と向き合い、既成概念に捕らわれない、新しい価値提供への挑戦の象徴として使用していきます。

物流の枠を超え、人々の生活を豊かにするヤマトグループの未来にご期待ください。

ヤマトグループHPより

とのこと。

「新しい価値提供への挑戦の象徴」とあるので、何か新サービスでも始まるのかもしれませんね。

こちらがアドバンスマーク

ロゴも統一・コーポレートカラーは4色

ヤマト運輸やヤマトグループなどのロゴも新ロゴに統一されるそうですよ。

そういえば、それぞれ違いましたね。

コーポレートカラーとは、企業や組織を象徴する色の事です。

いろいろな企業のロゴがありますが、決まった色(指定された色)があるんです。

ヤマトホールディングス株式会社のコーポレートカラーは、クロネコマークの黒と黄色に、サブカラーとして白とグレーが加わります。


見慣れたグリーンがなくなるんですね。

ヤマトカラーの緑がなくなった新デザイン

スポンサーリンク

この2匹のネコはどうなるの?

これまで、黒猫の親子ネコのデザインが2021年4月1日から変わることをお伝えしましたが、この2匹のネコたちを見たことありませんか?

クロネコとしろねこ

このネコたちはどうなるんでしょうね。

とても気になります!


丸くてかわいいので、無くなったら残念ですよね。

この2匹のネコたちのことが分かり次第、追記していきますね。

スポンサーリンク

クロネコマークの変更まとめ ※原画あり

64年間変わらなかったクロネコマークは、2021年4月1日から全体的に丸みを帯びたデザインへ変わります。


長い間、緑のトラックに見慣れてたので、新デザインのトラックを見るのが楽しみです。

4月1日から、新デザインのトラックを探してみようかな~

クロネコマークの原画
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました