ストロベリームーンの意味~2021年6月の満月は恋を叶えてくれる月~

未分類

毎月必ず見られる満月

「今月の満月は〇〇ムーン!」


SNSでも綺麗な満月の写真がアップされて話題になります。


季節により月にいろいろな名前が付いていますが、今回は6月の満月の名前の意味について紹介しますね。

スポンサーリンク

ストロベリームーンの意味~2021年6月の満月~

6月の満月の名前はストロベリームーン(Strawberry Moon)。

アメリカでは6月はイチゴの収穫時期だったからと言われています。

元々はアメリカの農事暦からネイティブ・アメリカンが古くから呼んでいた満月の呼び名を記したのが始まりだとか。

「月がイチゴのようにピンク色に見える」という事ではないんですね~。




月の出間もない月は赤みがかって見えたり、6月は空気中の水蒸気が多いため、19時〜20時ごろの高度が低い月は少しピンク色っぽく見えることもありますが、月が登っていくといつものような輝く満月になります。




満月の名前は地域などによって違いや、いくつかの名前が加えられたため、複数の名前が存在します



ヨーロッパでは

  • ローズムーン・フルローズムーン(バラの咲く季節)
  • ハニームーン・ミードムーン(ハチミツの収穫準備が完了するころ)
  • ホットムーン(夏の暑さが始まる)


と呼ばれているそうですよ。


スポンサーリンク

2021年6月満月の日 

2021年6月の満月は6月25日

03:40に満月になります。


6月25日の月の出は04:26、月の入りが19:01なので日中、白い満月を見ることができそうですね。


日本では梅雨の季節なのでお天気が心配です。。。



昼間の11:44頃、満月は南中に位置しているので、晴れたら空を見上げてみてください。

6月の満月は恋を叶えてくれる月

ストロベリームーンは「恋を叶えてくれる月」

好きな人と一緒に見ると結ばれる、恋愛運が上がるという噂もあります。



6月25日の満月は日中なので、夜に輝く月を一緒に眺めることは出来ませんが「ストロベリームーン」の話題をきっかけに話しかけてみてはいかがでしょうか?



7月の満月は夜20:06に登ってきます。

7月の満月を一緒に見ない?なんてね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました