ビルゲイツ氏離婚 慰謝料と離婚理由だけが気になる 保有資産額推定約14兆円

未分類

ビル・ゲイツ氏の離婚発表、慰謝料がいくらになるのか離婚理由が何なのか早くも話題になっています。




長者番付の常連で、保有資産額が約14兆円




ちなみに・・・

あまり参考にならないかもしれませんが、日本の2021年度予算案一般会計歳出総額が「106.6兆円」




日本の予算案の約10分の1が、個人の保有資産額なわけで、、、、(^_^;)




気にならない訳がありません。




ビルゲイツ氏の離婚による慰謝料と離婚理由は何なのでしょうか。。。

スポンサーリンク

ビルゲイツ氏離婚 慰謝料と離婚理由だけが気になる

switch news/スイッチ・ニュースより

保有資産額が推定14兆円の場合、慰謝料が一体いくらになるのか・・・・



アメリカは州によって法律が違うらしいので、予想が難しいかなと思いましたがこんなツイートを見つけました。


アメリカでは、州によって離婚の制度が異なりますが、日本の様に協議離婚(当事者間の合意のみで離婚できる)制度がありませんので、ラスベガスがあるネバダ州を除き、常に裁判所の許可を得る必要があり、離婚するためのの手続きが非常に複雑で、長期間を要することもあります。財産分与については、お二人の住んでおられる州がワシントン州であれば、婚姻中に築いた財産は、離婚時に折半という点は日本と同じです。財産分与の金額で言えば、アマゾンのベゾス氏の離婚に続く富豪の大型離婚です。

牧野和夫Twitterより 弁護士・弁理士・米国弁護士(芝綜合法律事務所客員)



仮に折半だとしたら、慰謝料は単純計算で「7兆円」???




そんなに簡単な計算にならないとは思いますが、とにかく莫大な慰謝料になることは間違いなさそうですね。




結婚後に増えた財産が約1200億ドル(約13兆円)・・・




その半分の約6兆円が慰謝料になりそう???

【追記】

2021年8月2日、ビル・ゲイツ氏とメリンダさんの離婚がワシントン州キング群裁判所で認められ、正式に二人は離婚をしました。

婚前契約書は交わしていなかったそうですが、お互いに扶養料は請求せず、離婚申請後の話し合いで合意したことに従って、約14兆円の資産は分割されるとのこと。

そのため、メリンダさんには650億ドル(約7兆円)の和解金が渡ることになりました。

二人には3人の子どもがいますが、すでに全員成人をしているため、親権・養育費はありません。


アマゾン創始者の離婚時の慰謝料は?



参考までに、アマゾンの創始者ジェフ・ベゾス氏の離婚時に支払われた慰謝料は少なくとも350億ドル(約4兆円)相当の株式




株式が慰謝料として支払われました。


350億ドルの慰謝料は、それまでの慰謝料最高額38億ドルを大きく上回り、最高額の慰謝料になりました。




もしかしたら世界最高額の慰謝料金額を塗り替える可能性大です!!



慰謝料金額が恐らく報道されるのではないかと思いますが、一体いくらなのかますます興味が湧いてきます。



ちなみにアマゾン創始者ベゾス氏の元妻のマッケンジーさんは離婚後も、アマゾンの株式を4%を保有されています。


アマゾン株が急騰し、17億ドルを寄付していますよ。


スポンサーリンク

ビルゲイツ離婚の理由



慰謝料も気になりますが、離婚理由も気になります。




27年間の結婚生活を送り、離婚です。




裁判所に提出する書類にはこのように書かれていたようです。



「修復不可能なほどに結婚生活が破綻しています」



財産分与について


財産分与については、不動産や個人資産等の分配を求めています。



また、生活費について、離婚後の対付きの生活費は求めません。



と、なっているようです。



共有財産等同意事項を取り決める「別離契約書」が作成されていました。



スポンサーリンク

ビルゲイツ離婚の世間の反応




ビルゲイツ氏の離婚でSNSも慰謝料についてかなり話題になっていますね。



離婚の理由は「夫婦として共に成長することができなくなった」とのことですが「節税対策では?」といった意見も沢山ありました。





あまりにも莫大な資産があるとそれなりに大変なのかもしれませんね~。

スポンサーリンク

ビルゲイツ氏離婚 慰謝料と離婚理由だけが気になる まとめ


ビルゲイツ氏とメリンダさんの離婚による慰謝料が一体いくらになるのか・・・




慰謝料がどのような支払われ方をするのかまだわかりませんが、とにかく莫大な金額になるのは間違いないですね。



離婚の理由が「夫婦として共に成長することができなくなった」とコメントされていましたが、ほんとは「修復不可能なほどに破綻をしていた」という事にも少し驚きました。



今後も話題になりそうですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました